礼儀正しい人がガンを切らずに10年延命-関根 進

ベストセラー「ガンを切らずに10年延命」の著者
(元・週刊ポスト編集長)再開・新連載!

第1
えーっ、余命半年?人生一寸先は闇!

先月は、体調を崩し、
僕の主治医である帯津良一博士の経営する、
ホリスティック医学の総本山=
埼玉県川越の帯津三敬病院に緊急入院。
hiQの日刊コラム「ガンは絶望病にあらず」も突然、
休載させていただき大変、申し訳ありませんでした。

また、たくさんのhiQの読者の方々から、
励ましやらお見舞いのメールをいただき、
涙の出るほどうれしい思いをいたしました。
改めまして、お礼をお申し上げます。

お陰さまで、11月10日、
約40日間にわたる手術入院を終えて、
無事、退院。手術は成功でした。
楽観視はしていませんが、
悪運強く?とりあえず、急速回復という運びとなりました。

病室でパソコン執筆

退院後の養生は
「次なる高みにギアチェンジ」することとなりましたが、
再び、こうして、皆さんと交信できるのも、
多くの方々からの目に見えぬパワーを
いただいた良縁や僥倖の賜物だと心より感謝しております。

さて、猛暑の夏には、熱中症やら体調不良、ガンで、
多くの有名人や高齢者が亡くなられましたが、
僕の持病となっている頸椎ヘルニア、
椎間板ヘルニアとストレスは、冷房病を伴って、
消化器系のガンの浸食を一気に広げたようなのです。

「食道ガン、ガンを切らずに12年」の総決算と、
13年目からの再設計を練ろうと心していた矢先でしたが、
ま、ガンは一筋縄ではおさまらない病気です。
血液検査、エコー、ヘリカルCTから内視鏡まで
いろいろな精密検査の結果、
わが臓腑はとても楽観視できない状態だったのです。

さて、どうなったか?
ズバリ、診断結果は以下のようなものでした。
≪胃ガン原発第4期、腹部リンパ転移、肝臓転移≫・・・

つまり、≪末期ガン≫
悪くすれば≪余命半年≫の状態に突入するという
危急の状態に陥っていたのです。

人生はたしかに「一寸先は闇」ということを、
改めて、痛いほど体感しました。
内視鏡検査写真を見て、
ざくろのように血を拭いた巨大なガン腫瘍が、
まさかまさか、胃の下半分に突然、隆起し、
食通を困難にするばかりか、腹部リンパに転移。
さらに肝臓に飛び火し、あわや、膵臓も蝕む勢いで、
わが身を蝕んでいるとは、ちょっと想像もつかなかったからです。

繰り返しますが、人生に油断は大敵です。
ガンはミステリアス?魔物? 
いや人間の心の増長や傲慢さにじつにビビッドに警鐘をならす、
いのちの痛烈なメッセンジャーだと、改めて実感しました。

というわけで、このコラムもタイトルも急遽新装。
≪[末期ガン]と向き合う!≫と題して、
食道ガンに続いて、僕を襲った「末期ガン」の畏れや不安。
それだけでなく、新たな治療や人生の克服の知恵について、
また適切に診断していただいた
帯津良一医師らのエクスパートの皆さんの温情、
そして、僕の落ち込みがちな気分を支えてくれた
家族や親友の絆などなどから僕なりに感受、
決断した「直感的ガン闘病の選択」について、
同時進行で書こうと考えました。

再び、hiQの主宰者の邱永漢先生からもお許しを得まして、
新装連載の再開をすることとなりました。
ガンの患者の皆さんやご家族の皆さんばかりでなく、
多くの読者の皆さんと一緒に考える
ウソ偽りのない「いのちの日記」として続けたいと考えております。

体調次第ですが、とりあえず、
年末までは日刊で続けます。







−絶賛発売中!−
関根進の2大ロングセラー


「ガンに打ち勝つ
希望の法則50」


著者:
関根進
出版:
グラフ社
定価:
¥1,575 (税込)

「ガンを切らずに
10年延命!


著者:
関根進
出版:ダイヤモンド社
定価:
¥1,500 (税込)


「寝たきり長生き」ではなく、
「元気で長生き」でなければ意味がない!
縁が縁をつなぎ、運が運を呼んだ。
ガンを切らずに元気に延命!
関根さん自らが続けてきた
「希望」の養生法が詰まった≪ガン闘病の真実≫です。





2011年2月8日(火)更新
- このコラムは連載終了いたしました -

これ以前の記事はこちらからご覧ください


※2002年〜2008年まで連載された「気がつけば、あなたもガン」はこちらから。
※2008年〜2009年まで連載された「ガンを切らずに10年延命」はこちらから。
※2009年〜2010年まで連載された「ガンは絶望病にあらず」はこちらから。

 ■関根 進 (せきね・すすむ)
スローヘルス研究会会長。季刊「いのちの手帖」編集長。1940年、東京都生まれ。早稲田大学教育学部卒。『週刊ポスト』など各種雑誌編集長を歴任。小学館取締役を退任後、食道ガンになったが、食事療法や漢方療法も組み合わせたホリスティックな療法で「ガンを切らず」に延命して10年。現在、インターネート・オンライン投資、中国経済研究から患者学研究までマルチなジャンルで活躍中。
中国・長春中医学院大学名誉教授でもある。


著書は『母はボケ、俺はガン』(日経BP社)、『しなやかな玄米菜食』(太陽企画) 、『帯津良一のがんに打ち克つ いのちの手帖』(二見書房)、歴史ノンフィクション評伝 『大正霊戦記 大逆事件異聞 沖野岩三郎伝』 (書斎屋)など多数。 近著はベストセラー『ガンを切らずに10年延命』、新刊『ガンに打ち勝つ、希望の法則50』も好評発売中。

■関根さんへのメールは


中国株 起業 投資情報コラム「ハイハイQさんQさんデス」
ホーム