中国株・起業・人生相談・Q&A-ハイハイQさんQさんデス-邱 永漢

質問のない時はQさんの独り言になってしまいます

第1535回
ようこさんからのQ(質問):再建のポイント

先生はじめまして。
いつも楽しくかつ興味深く読ませて頂いています。
わたしは、昨年転職しまして、今は親の経営する会社におります。
前の会社は、やりがいのある仕事を任せてもらい
充実した毎日でした。

今の会社に転職する事になったのは、
会社が毎年赤字を垂れ流し
やっていけなくなったと親から建て直しを頼まれたからです。
来年から全権を任せてもらう事になっております。
企業を再建する時の注意点やポイントなど
ありましたらご教示下さい。


■QさんからのA(答え)

いままでやっていた仕事が結構楽しかったのに、
親の跡を継いで頭が痛いという話のようですが、
大体親の仕事で頭の痛い仕事というのは
時代に合わない仕事だからでしょうね。
またそんな仕事でなければ
「帰って来い」なんて言わないと思います。

親孝行はよろしいんですけど、
どうやったらいいかということになりますと、
どうにもならないようなら
辞めてしまうのが一番いいと思います。
さんざん苦労した後で辞めるのか、
それとも見切りをつけて辞めるのか、
ケースバイケースで判断するよりほかありません。
親と相談して円満に解決することです。






−好評発売中 −

お金をちゃんと考えることから
逃げまわっていたぼくらへ


学校で教えてくれないことが3つある。
ケンカとセックスの仕方、それとお金との接し方である。


著者:糸井重里・邱永漢
出版:PHP文庫
定価:600円(税込)



過去の質問を検索





過去記事より掲載

これ以前の記事はこちらからご覧ください


■邱 永漢 (きゅう・えいかん)
1924年台湾・台南市生まれ。1945年東京大学経済学部卒業。小説『香港』にて第34回直木賞受賞。以来、作家・経済評論家、経営コンサルタントとして幅広く活動。最期まで年間120回飛行機に乗って、東京・台北・北京・上海・成都を飛び回る超多忙な日々を送った。著書は『食は広州に在り』『中国人の思想構造』(共に中央公論新社)をはじめ、約400冊にのぼる。(詳しくは、Qさんライブラリーへ




ホーム