中国株・起業・人生相談・Q&A-ハイハイQさんQさんデス-邱 永漢

質問のない時はQさんの独り言になってしまいます

第1148回
■hiroffffさんからのQ(質問):非流通株の放出で

8/19に発表された42社の「非流通株の放出」で、
どのような変化があるとお考えでしょうか?

私は、国有株が一気に放出される事により
運用している株の価値が半減してしまう事を非常に恐れています。


■QさんからのA(答え)

いつも中国では政府の持ってる株だとか、
あるいは同じ上場会社の株でも
市場に出してはいけない株がございまして、
それがそれこそ半分以上を占めているというのも
珍しくありません。
それをいつ出すかという噂だけで
ビクビクする人が結構たくさんいます。

仮に政府が株を売るとしても、
株が半額になるような投げ売りをやるわけはありません。
中国の政府はあなたよりずっと商売がうまいんですから、
株がデタラメに値上がりして、これじゃ困るというときに
あるいは放出するということはあるかもしれません。
政府が損をして、もしくは皆に損をさせて
株を放出するなんてことは、まずないと思います。
そういうことをそんなに気にするようだったら、
中国株からいち早く撤退されることをおすすめします。
身体のためにもよくありませんから。






−好評発売中 −

お金をちゃんと考えることから
逃げまわっていたぼくらへ


学校で教えてくれないことが3つある。
ケンカとセックスの仕方、それとお金との接し方である。


著者:糸井重里・邱永漢
出版:PHP文庫
定価:600円(税込)



過去の質問を検索





過去記事より掲載

これ以前の記事はこちらからご覧ください


■邱 永漢 (きゅう・えいかん)
1924年台湾・台南市生まれ。1945年東京大学経済学部卒業。小説『香港』にて第34回直木賞受賞。以来、作家・経済評論家、経営コンサルタントとして幅広く活動。最期まで年間120回飛行機に乗って、東京・台北・北京・上海・成都を飛び回る超多忙な日々を送った。著書は『食は広州に在り』『中国人の思想構造』(共に中央公論新社)をはじめ、約400冊にのぼる。(詳しくは、Qさんライブラリーへ






ホーム