中国株・起業・人生相談・Q&A-ハイハイQさんQさんデス-邱 永漢

質問のない時はQさんの独り言になってしまいます

第803回
■おじおじ
さんからのQ(質問):ドルの暴落が起る?

もし、将来人民元の為替相場を上げる、ということになった場合、
それをきっかけに、ドルの暴落が起こる、
という可能性はあるでしょうか。


■QさんからのA(答え)

中国株をやる人がみんな心配しているのは、為替のレートです。
ですから必ず、いつ人民元の切り上げがあるか、
という話になるんですけど、
人民元の切り上げ即、ドルの暴落ではないんです。

ドルの暴落というのは
全ての外貨に対してドルが安くなるということで、
アメリカが日本のようにものすごい大赤字を続け、
外国資本の流入に頼ってバランスを取っているということであれば、
いつか必ず破綻する時が来ると考えていいと思います。
ただしそれがいつになるかというのはなんとも言えません。
あなたが生きている間に起らなければ、
結局暴落ではなかったということになります。

一方、人民元の繰上げは、
人民元だけについて言えることでありまして、
それもちょうどドルの暴落と同じように
中国に外貨が貯まる動きが止まらない限りは
いつかどこかで起ると考えていいと思います。
しかし、それが突然大幅に起るということでなくて、
ブレーキをかけながら小刻みに起ると考えた方が
現実に近いと思います。






−好評発売中 −

お金をちゃんと考えることから
逃げまわっていたぼくらへ


学校で教えてくれないことが3つある。
ケンカとセックスの仕方、それとお金との接し方である。


著者:糸井重里・邱永漢
出版:PHP文庫
定価:600円(税込)



過去の質問を検索





過去記事より掲載

これ以前の記事はこちらからご覧ください


■邱 永漢 (きゅう・えいかん)
1924年台湾・台南市生まれ。1945年東京大学経済学部卒業。小説『香港』にて第34回直木賞受賞。以来、作家・経済評論家、経営コンサルタントとして幅広く活動。最期まで年間120回飛行機に乗って、東京・台北・北京・上海・成都を飛び回る超多忙な日々を送った。著書は『食は広州に在り』『中国人の思想構造』(共に中央公論新社)をはじめ、約400冊にのぼる。(詳しくは、Qさんライブラリーへ




ホーム