中国株・起業・人生相談・Q&A-ハイハイQさんQさんデス-邱 永漢

質問のない時はQさんの独り言になってしまいます

第1022回
■信為万事之本さん
からのQ(質問):カルフールの敗因

毎日、邱先生らしい
大局的なコラムを楽しませていただいております。
ありがとうございます。

カルフールの失敗についてお聞きします。
台湾では成功し、日本では失敗したカルフールですが、
双方の国の実情に精通する邱先生は、
日本と台湾の差異という切り口で考えた場合、
成功と失敗の分かれ目は
どういった点にあったとお考えでしょうか?
よろしくお願い致します。


■QさんからのA(答え)

カルフールが台湾や中国でかなり成功しているのに、
どうして日本では上手く行かないのかというご質問ですが、
先ず日本の方が第一に流通革命ではずっと先輩です。
戦後しばらくたったころからスーパーが次々できて、
全国的スケールで流通が改善されています。
もうひとつは日本人はなかなか神経質で、きめが細かくて、
なおかつまた選択の基準が違うと思うんです。

他所の国は安ければいいということを
中心としてやっておりますので、
カルフールみたいに安く売れば人が飛びつきます。
ところが日本はマヨネーズはあれでないと嫌、
マグロの缶詰はどこのでないと嫌という選り好みがあって、
そういうメーカーはカルフールの言う通りにならないんです。
カルフールのやり方は
それと同じ物を作っている別のメーカーに
これだけ量を買ってやるからまけろと言って、
まけてくれるところのものを売ります。
日本人は自分が買いたいものがそこにないと、
そっぽを向いてしまうんです。
外資スーパーの日本のマネージャーに聞くと、
みんな頭を抱えて日本は難しい難しいと言っております。

そういう意味では日本人の商売のやり方は
もっと消費者のことをきめ細かく研究している
と言ってよろしいんじゃないでしょうか。
デパートを見たらよくわかります。
スーパーには外資が割り込んでいますけど、
デパートには1軒も割り込みはありません。
デパートの場合は
消費者の嗜好を中心として物を考えますから、
日本人の心をあまり上手くつかみきれていない外国人では
歯が立たないんですね。






−好評発売中 −

お金をちゃんと考えることから
逃げまわっていたぼくらへ


学校で教えてくれないことが3つある。
ケンカとセックスの仕方、それとお金との接し方である。


著者:糸井重里・邱永漢
出版:PHP文庫
定価:600円(税込)



過去の質問を検索





過去記事より掲載

これ以前の記事はこちらからご覧ください


■邱 永漢 (きゅう・えいかん)
1924年台湾・台南市生まれ。1945年東京大学経済学部卒業。小説『香港』にて第34回直木賞受賞。以来、作家・経済評論家、経営コンサルタントとして幅広く活動。最期まで年間120回飛行機に乗って、東京・台北・北京・上海・成都を飛び回る超多忙な日々を送った。著書は『食は広州に在り』『中国人の思想構造』(共に中央公論新社)をはじめ、約400冊にのぼる。(詳しくは、Qさんライブラリーへ




ホーム