中国株、海外起業、海外投資、グルメ、ファッション、邱永漢の読めば読むほどトクするコラム

第1470回
上海の不動産屋は当分ペンディングです

あちこちから持ち込まれた話を自分で判断して、
ことし何とか手がけたいと思っているビジネスは
指折り数えて見ると、13ほどあります。
そのうち上海ではじめたい仕事は
ずっと述べてきた通り、
大型書店、英語塾、職業訓練システム、
ハイハイQさん中国版などがありますが、
その中に不動産会社は含まれておりません。

上海にはこれから
本格的な不動産ブームが訪れようとしています。
私はすぐにも稼動できる不動産会社を持っているので、
何とかそれを活用したいと考えて
「誰か上海で不動産屋をやりませんか」と
このコラムでも呼びかけたところ、
たくさんの方からご応募をいただきました。
いまだに古い記事を読んで
改めてお手紙を下さる方が絶えませんが、
不動産屋を開業して
皆に喜んでもらえるだけの成算が立たないのです。

先ず昔、
台湾でセールスをやってくれた旧部下たちが
新しい市場を求めて
上海に次々とやってきましたが、
15年あまりの間に
それぞれの社会的地位や収入にひらきができてしまい、
意見が一致しなくなってしまったのです。
セールスは中国人や台湾人の方がうまいし、
言葉の問題もあります。
日本人がやったのでは
日本人に住む家の世話をしたり、
不動産を買う世話をして
管理を任せてもらうくらいの仕事しかありません。
働いている人たちに充分な報酬をもたらしたり、
将来、立派に独立して
やって行けるだけの見込みが立たないので、
これではスタートできません。
おさわがせしてすみませんでしたが、
ほかにやることがたくさんありますので、
自分がやれそうな仕事があったらご連絡下さい。

不動産屋は先にのばしましたが、
不動産株はかなり仕込みました。
もう既に倍近くなった銘柄もいくつかありますが、
本番はまだこれからだと思っています。
何しろ円高後の日本では
不動産株やゼネコンの株が
キチガイじみた大暴騰をしたのですから。
同じことが必らず起ると
保証しているわけではありませんが・・・。






−好評発売中 −

お金をちゃんと考えることから
逃げまわっていたぼくらへ


学校で教えてくれないことが3つある。
ケンカとセックスの仕方、それとお金との接し方である。


著者:糸井重里・邱永漢
出版:PHP文庫
定価:600円(税込)




− 中国経済・中国株関連書籍のご案内 −

以下の書籍は送料無料にてお買い求め頂けます。
(画像をクリックすると販売ページへ移動します)

「中国株ニ季報 2016年春号」
最新刊 お申込み受付!!


商品ページへ

制作:DZH
定価:3000円(税抜き
)



−好評発売中 −


遠いと思うな
アジアの時代

間違ったエスカレーターに乗るな。

著者:邱永漢
出版:グラフ社
定価:1365円(税込)
ASIN: 4766214129

逃げる
お金に続け

お金は鼠に負けず臆病です。

著者:邱永漢
出版:グラフ社
定価:1365円(税込)
ASIN: 4766214188


その他460冊にのぼる著書はこちらをご覧下さい!





過去記事より掲載

これ以前の記事はこちらからご覧ください



■邱 永漢 (きゅう・えいかん)
1924年台湾・台南市生まれ。1945年東京大学経済学部卒業。小説『香港』にて第34回直木賞受賞。以来、作家・経済評論家、経営コンサルタントとして幅広く活動。最期まで年間120回飛行機に乗って、東京・台北・北京・上海・成都を飛び回る超多忙な日々を送った。著書は『食は広州に在り』『中国人の思想構造』(共に中央公論新社)をはじめ、約400冊にのぼる。(詳しくは、Qさんライブラリーへ


中国株 起業 投資情報コラム「ハイハイQさんQさんデス」

ホーム