中国株、海外起業、海外投資、グルメ、ファッション、邱永漢の読めば読むほどトクするコラム

第1445回
B株H株の株価がA株を左右することも

いま中国株市場に何が起ろうとしているかと言うと、
これまではB株やH株と
A株の株価のひらきばかりが目について、
将来、両者が一緒になるのなら、
ひらきの大きな株を狙った方がいいといったことが
買動機になってきました。
ところが、B株、H株の中から
成長株を探がす傾向が出てくると、
B株やH株の中で株価の上昇する銘柄が続出し、
青島ビールのようなH株の値段が遂に
A株に追いつくという新しい現象も出てきました。
まだ一つしか例はありませんが、
A株とB株の合併を待たずして、
両者の株価が近づくことは
今後あり得ないことではありません。

と言うよりも、
B株やH株の値上がりが
A株の相場に影響することが考えられます。
中国人は賭博好きな上に
国内にこれと言った投資対象がないこともあって、
A株はかなり高値まで買い上げられていますが、
人民元の切り上げが近づくと、
もっと値上がりをすることが考えられます。
ちょうどニクソン・ショックの時に
2000円だった日本のダウ平均が
バブルの絶頂期に39000円まで上がったようなことが
中国でも起り得るということです。

しかし、そういうことが起るとしても、
いまの株価がそっくりそのまま
同じ倍率で上がるわけではありません。
A株市場でも香港と同じように
大して将来性のない小型株が
おもちゃにされてきましたが、
中国経済が世界中から認知されるようになれば、
A株市場の中でも中国石油に起ったような
人気銘柄の入れ替えが全面的に起ります。
大型株に成長する潜在能力のある銘柄は利益もふえるが、
それによってB/Eも下がりますから、
買い進まれて株価の位置が大きく入れ替わります。
ということは10年に一度のチャンスが
中国株市場に近づきつつあるということです。
B株H株市場の人の方が
成長性とか利廻りの変化には敏感ですから、
香港市場は大陸株中心の相場になります。
A株がB株H株の相場を決定するのではなくて、
B株H株がA株の相場を
動かすようになることが考えられます。






−好評発売中 −

お金をちゃんと考えることから
逃げまわっていたぼくらへ


学校で教えてくれないことが3つある。
ケンカとセックスの仕方、それとお金との接し方である。


著者:糸井重里・邱永漢
出版:PHP文庫
定価:600円(税込)




− 中国経済・中国株関連書籍のご案内 −

以下の書籍は送料無料にてお買い求め頂けます。
(画像をクリックすると販売ページへ移動します)

「中国株ニ季報 2016年春号」
最新刊 お申込み受付!!


商品ページへ

制作:DZH
定価:3000円(税抜き
)



−好評発売中 −


遠いと思うな
アジアの時代

間違ったエスカレーターに乗るな。

著者:邱永漢
出版:グラフ社
定価:1365円(税込)
ASIN: 4766214129

逃げる
お金に続け

お金は鼠に負けず臆病です。

著者:邱永漢
出版:グラフ社
定価:1365円(税込)
ASIN: 4766214188


その他460冊にのぼる著書はこちらをご覧下さい!





過去記事より掲載

これ以前の記事はこちらからご覧ください



■邱 永漢 (きゅう・えいかん)
1924年台湾・台南市生まれ。1945年東京大学経済学部卒業。小説『香港』にて第34回直木賞受賞。以来、作家・経済評論家、経営コンサルタントとして幅広く活動。最期まで年間120回飛行機に乗って、東京・台北・北京・上海・成都を飛び回る超多忙な日々を送った。著書は『食は広州に在り』『中国人の思想構造』(共に中央公論新社)をはじめ、約400冊にのぼる。(詳しくは、Qさんライブラリーへ


中国株 起業 投資情報コラム「ハイハイQさんQさんデス」

ホーム