中国投資の羅針盤・阿部享士

阿部享士さんがご案内します

第211回
医薬品銘柄の本命として


2011年、政府の指導により
国家基本薬の価格は約30%引き下げられましたが、
『北京同仁堂科技』(01666)の売上高の25%以上は
こうした制限を受けず、
OTC薬(オーバー・ザ・カウンター・ドラッグ
「Over The Counter Drug」の略で、
医師の処方せんがなくても、薬局・薬店で購入できる
一般用医薬品のこと)などと区別されているため、
収益の影響は軽微。

コストの約75%を占める原材料の買い付けに関しても、
同社は国内の6カ所の栽培用地を保有しているほか、
親会社のバックアップのもと良質な材料を安価な価格で買付、
高い在庫水準を維持しているため、
同業他社よりディフェンシブ性が高いとされます。

原材料コストの増減に応じて、
販売価格を弾力的に設定できることも、
今後の売上高総利益率の安定などに寄与するでしょう。

地元証券の『国泰君安(香港)』のリサーチによると、
2012−14年における同社のEPS(1株当たり利益)は
それぞれ0.564元、0.734元、0.955元で、
平均伸び率は30%以上に達する見込みです。
医薬品銘柄の本命として、
今後も同株の動向には目を光らせたいものです。


この「HiQ」が今月末をもって終了となることから、
本コラムの連載も今回で最後となります。

2010年の8月から約2年間、
ご愛読いただき誠にありがとうございました。
また、私のようなものに
この貴重な場をご提供いただいた今は亡き邱永漢先生、
並びにHiQ編集部の方々に改めて深く感謝申し上げます。

外部環境の悪化などを受けて、
当面、中国株も厳しい相場展開が続きそうですが、
こういうときこそが逆にチャンスかもしれません。
これからも一人でも多くの方が
中国を舞台に大きなリターンを獲得できることを祈っています。

それでは、名残惜しいですが、皆様、さようなら。

再見!!






 - 好評発売中 -

「中国投資の羅針盤」 阿部 享士さん 最新刊!

◆中国人のお金に関する行動パターンを徹底分析!◆

ご購入はこちらからどうぞ

訴えられたらどうする!!

「中国人とお金」(廣済堂新書)

世界経済が行き詰まる中、
ますます注目が高まる中国マネー。
日々の生活、会話の中から見えてくる、
日本人とはまったく違う中国人の考え方、
行動哲学、行動様式を徹底分析!


←画像をクリックで購入ページへ移動できます


著者:阿部 享士
出版:廣済堂新書
定価:¥840 (税込)


 





当ページは、投資勧誘を目的として作成されたものではありません。
あくまで情報提供を目的としたものであり、一部主観及び意見が含まれている場合もあります。
個別銘柄にかかる最終的な投資判断は、ご自身の判断でなさるようお願いいたします。

2012年8月31日(金)更新
- このコラムは月・金曜日発行です -

これ以前の記事はこちらからご覧ください

8月06日 第204回 中期的業績の原動力となる車載ビューカメラモジュール
8月10日 第205回 中期的業績の原動力となる車載ビューカメラモジュールその2
8月13日 第206回 山東省を拠点とする大手金鉱会社『招金鉱業』
8月17日 第207回 『招金鉱業』の業績を支える4要素
8月20日 第208回 ただし、金価格の動向にはくれぐれも注意を
8月24日 第209回 抜群の知名度を誇る漢方の老舗『北京同仁堂科技』
8月27日 第210回 中国の医薬品市場は世界第3位の規模を形成


■阿部 享士 (あべ・たかし)
1965年、東京都生まれ。88年、拓殖大学を卒業後、台湾・東呉大学中国文学研究所(大学院)へ留学。93年、同研究所修士課程を修了。文学修士。帰国後、内外個人投資情報の発信を手がける(株)日本事業通信網に入社。同社が発行する週刊『ベンチャーインテリジェンス』(会員制)などの編集・発行人を務めた。現在は『上海日翔投資咨詢有限公司』代表。

著書には、最新刊『中国人とお金』(廣済堂新書)他、 『決戦! 中国株』(KKベストセラーズ)、『妻から学ぶ中国13億人市場への投資術』(ごま書房)、『絶対負けない!! 中国株』『いちばん買いたい!!中国株』『中国株 次の一手教えます!!』(廣済堂出版)などがある。

■阿部さんへのメールは



ホーム