中国人と日本人 邱永漢

「違いの分かる人」へのヒントがあります

第1回
まえがき

私は日本と中国の接点とも言うべき台湾で生まれた。
私の父は幼い時に福建省から台湾へ移住してきた中国人で、
私の母は九州の久留米市生まれの日本人である。
父と母がどんなめぐり合わせで一緒になったのかは、
私がまだ生まれる前の出来事だから詳しいことはわからないが、
二人の間に五男六女があり、私はその長男として生まれた。
しかし、私が生まれた当時、本島人と内地人
(当時、台湾人と日本人を区別してそう呼ばれていた)は戸籍上、
結婚することができなかったので、
私は父と戸籍上の妻との間の子供として市役所に届けられ、
邱の姓を名乗り、台湾人として育てられた。

私の次の妹以下は差別されることをおそれて
母親が自分の久留米の籍に入れたので
母親の私生児として育てられた。
父親も母親もはっきりしており、
同じ屋根の下で育てられているというのに、
たったそれだけのことで私たち兄弟の運命は大きく分かれた。

まず台湾人として生まれたために、
私は台湾人としての辛酸をすべてなめさせられた。
上級学校に進学する時も、差別入試を突破するために
最高点をとらなければ入学できなかった。
戦時中の東大では重慶のスパイ容疑で憲兵隊に留置されたし、
「満州国経済について述べよ」という試験の答案で
日本の帝国主義に言及したところ
あやうく退学処分にされそうになった。

それでいて終戦後の台湾へ帰ると、
日本帝国主義的教育の害毒を受けた者として
国民党政府から排撃の対象にされた。
ついには台湾に住んでおられなくなり、
官憲の追求を逃がれるために、
やむを得ず香港へ亡命した。

香港で潘家の娘と結婚して二男一女をもうけた。
妻の実家は広東省開平の出だから、
私が中国人2分の1、日本人2分1であるのに対して
うちの子供たちは中国人4分の3 、
日本人4分の1の血を受けついでいる。
ならば子供たちの方が中国人に近く、
私の方が日本人に近いかと言うと、
私は台湾人として日本教育を受けるかたわら、
漢文の先生について古典の勉強もさせられたし、
福建語(台湾語)は日本語と同じくらい完壁に話せるし、
広東語も北京語も日常会話には困らない。
中国人の発想や風俗習慣も、
日本人のそれと同じくらい心得ているつもりである。
それに比べると、うちの子供たちは日本で育ったせいもあって
日本語しかできないし、立居振舞い、
ものの考え方など生活の万般にわたって日本人そのものである。

つまり日本人であるか、それとも中国人であるは
血統によって決定されるものというより、
置かれた環境によって決まると断言してまず間違いない。
テレビに出てくる日本人の戦争孤児たちがいかに
中国人そのものであるかを見ても、
日本人と中国人が同位元素のような存在であることがわかる。
ただし、置かれた環境が違うというだけのことで、
日本人と中国人がいかに異質の存在であるか、
また不幸な過去を通じて、
日本人と中国人がお互いにいかに相手を知らないか、
改めて痛感させられる今日この頃である。

東欧共産圏の崩壊やソ連邦の解体と共に、
中国大陸にも大きな嵐が襲来した。
あッという間に管理経済から市場経済に変わり、
「次はアジアの時代」を予見させる経済成長がすすんでいる。
中国大陸の経済発展に今後、
日本がどのていど手を貸すようになるかはまだ未知数だが、
日本が積極的に手を貸しても、あるいは全く貸さなくても、
中国経済が大きく発展することは間違いない。
しかし、日本が手を貸せば、
中国経済の発展に加速度がつくだろうことは確かだし、
それによって日本と中国の間に
新しい時代がはじまることも期して待つところがある。
端的に言えば、日本人が大陸へ行って
商売をするチャンスがこれからいよいよふえる。
そうした提携や合弁がスムーズに運ぶためには
日本人がもっと中国人を理解し、
中国人がもっと日本人を理解する必要がある。

その懸け橋になるような相互理解のための本を書く必要を感じ、
中央公論社社長の嶋中鵬二さんに相談したところ、
一も二もなく賛成していただいて、
『中央公論」本誌の九二年十一月号、九三年一月号、三月号と
三回にわたって一回百枚の短期連載をやらせていただいた。
本当は書き下ろしが望ましかったのだが、
連載だと費任を感じて必ず期日までに仕上げることになるので、
日本、台湾、香港、北京、上海、成都と原稿を持ち歩きながら
夜を日についで何とか書きあげることができた。
どんな出来栄えのものになったかについては
読者の皆さんのご判断を仰ぐよりないが、
この手の本はいままでにもたくさん出ている。
そのどれを手にとって見ても、
どちらか一方をよく知っておれば
もう一方をそれほど知らないという憾みがある。
その点、私は双方のふところの中で育ったせいもあって、
自分の全智全能を傾けてこのテーマと取り組んだ。

本来の目的から言っても、日本人に中国人を
理解してもらうだけでなく、
中国人に日本人を理解してもらう必要を感じて
筆をとったものであるから、
この日本版だけでなく、
近く台湾版と大陸版を出版する予定になっている。
大陸十二億の中国人にとっても
本書が日本人を知るよすがになれば、
私にとってこんなじあわせなことはない。
最後になったが、この本がこういう体裁で世に出るにあたっては、
嶋中鵬二さんをはじめ、『中央公論」編集長宮一穂さん、
文化部部長岡田雄次さん、同次長江刺実さん、
それから書籍第二部部長の平林敏男さんのお世話になった。
ここに改めて感謝の意を表したい。


一九九三年二月吉日


邱永漢
目黒区青葉台の自宅にて





2012年11月20日(火)更新
- このコラムは毎日発行です -

8月6日  第1回 まえがき

8月7日  第2回 こんなにも違う中国人と日本人その1
8月8日  第3回 こんなにも違う中国人と日本人その2 8月9日  第4回 箸の形も違うが、置き方まで違っている その1
8月10日  第5回 箸の形も違うが、置き方まで違っている その2 8月11日  第6回 箸の形も違うが、置き方まで違っている その3
8月12日  第7回 魚の食べ方で生い立ちの違いがわかる その1 月13日  第8回 魚の食べ方で生い立ちの違いがわかる その2
8月14日  第9回 魚の食べ方で生い立ちの違いがわかる その3 8月15日  第10回 日本人の江戸前、中国人の山珍海味 その1
8月16日  第11回 日本人の江戸前、中国人の山珍海味 その2 8月17日  第12回 日本人の江戸前、中国人の山珍海味 その3
8月18日  第13回 日本人の江戸前、中国人の山珍海味 その4 8月19日  第14回 チーズと納豆で中国人があぶり出せる その1
8月20日  第15回 チーズと納豆で中国人があぶり出せる その2 8月21日  第16回 チーズと納豆で中国人があぶり出せる その3
8月22日  第17回 チーズと納豆で中国人があぶり出せる その4 8月23日  第18回 コリアンダを食べさせたら日本人かどうかわかる
8月24日  第19回 コリアンダを食べさせたら日本人かどうかわかる その2 8月25日  第20回 日本人の胃袋は偉大だが、取捨選択の原則がある
8月26日  第21回 日本人の胃袋は偉大だが、取捨選択の原則がある その2 8月27日  第22回 漢字文化の完成度とカナ文化の融通性
8月28日  第23回 漢字文化の完成度とカナ文化の融通性 その2 8月29日  第24回 漢字文化の完成度とカナ文化の融通性 その3
8月30日  第25回 日本文化の本流はフリガナ文化 8月31日  第26回 日本文化の本流はフリガナ文化 その2

9月3日  第27回 日本人は職人、中国人は商人

9月4日  第28回 日本人は職人、中国人は商人 その2
9月5日  第29回 日本人は職人、中国人は商人 その3 9月6日  第30回 税金のとり方一つでも職人と商人は違う
9月7日  第31回 税金のとり方一つでも職人と商人は違う その2 9月8日  第32回 職人と商人とでは喧嘩にならない
9月9日  第33回 職人と商人とでは喧嘩にならない その2 9月10日  第34回 中国人に理解できない公益優先の思想
9月11日  第35回 中国人に理解できない公益優先の思想(2) 9月12日  第36回 中国人に理解できない公益優先の思想(3)

9月13日  第37回 これほど政府を信用しない国民も珍しい

9月14日  第38回 これほど政府を信用しない国民も珍しい その2
9月15日  第39回 これほど政府を信用しない国民も珍しい その3 9月16日  第40回 日本人にはわからない"亡国の民"の哲学
9月17日  第41回 日本人にはわからない"亡国の民"の哲学 その2 9月18日  第42回 日本人にはわからない"亡国の民"の哲学 その3
9月19日  第43回 教育熱心でも学歴は重視しない 9月20日  第44回 教育熱心でも学歴は重視しない その2
9月21日  第45回 教育熱心でも学歴は重視しない その3 9月22日  第46回 教育熱心でも学歴は重視しない その4
9月23日  第47回 会社は利益を追求するゲマインシャフト 9月24日  第48回 会社は利益を追求するゲマインシャフト その2
9月25日  第49回 会社は利益を追求するゲマインシャフト その3 9月26日  第50回 日本が会社社会なら中国は人間関係社会
9月27日  第51回 日本が会社社会なら中国は人間関係社会 その2 9月28日  第52回 日本が会社社会なら中国は人間関係社会 その3
9月29日  第53回 「不惜身命」と「生命あっての物種」 9月30日  第54回 「不惜身命」と「生命あっての物種」 その2
10月01日  第55回 「不惜身命」と「生命あっての物種」 その3 10月02日  第56回 台湾は中国人にとってテスト・プラントみたいなもの
10月03日  第57回 台湾は中国人にとってテスト・プラントみたいなもの(2) 10月04日  第58回 台湾は中国人にとってテスト・プラントみたいなもの(3)
10月05日  第59回 日本人の自己批判、中国人の自画自讃 10月06日  第60回 日本人の自己批判、中国人の自画自讃 その2
10月07日  第61回 日本人の自己批判、中国人の自画自讃 その3 10月08日  第62回 日本人の自己批判、中国人の自画自讃 その4
10月09日  第63回 市場経済化は、単なる資本主義の復活ではない 10月10日  第64回 市場経済化は、単なる資本主義の復活ではない(2)
10月11日  第65回 市場経済化は、単なる資本主義の復活ではない(3) 10月12日  第66回 市場経済化は、単なる資本主義の復活ではない(4)
10月13日  第67回 共産主義の一番似合わない国民 10月14日  第68回 共産主義の一番似合わない国民 その2
10月15日  第69回 共産主義の一番似合わない国民 その3 10月16日  第70回 共産主義の一番似合わない国民 その4
10月17日  第71回 エコノミック・アニマルとホモ・エコノミクス 10月19日  第72回 エコノミック・アニマルとホモ・エコノミクス その2
10月20日  第73回 エコノミック・アニマルとホモ・エコノミクス その3 10月21日  第74回 ふだんの日はショー・ルーム、バーゲン・セールが本番
10月22日  第75回 ふだんの日はショー・ルーム、バーゲン・セールが本番 その2 10月23日  第76回 ふだんの日はショー・ルーム、バーゲン・セールが本番 その3

10月24日  第77回 ふだんの日はショー・ルーム、バーゲン・セールが本番 その4

10月25日  第78回 お金の次に大切なものは義理人情
10月26日  第79回 お金の次に大切なものは義理人情 その2 10月27日  第80回 お金の次に大切なものは義理人情 その3
10月28日  第81回 質屋を見れば経済感覚の違いがわかる 10月29日  第82回 質屋を見れば経済感覚の違いがわかる その2
10月30日  第83回 質屋を見れば経済感覚の違いがわかる その3 10月31日  第84回 質屋を見れば経済感覚の違いがわかる その4
11月01日  第85回 質屋を見れば経済感覚の違いがわかる その5 11月02日  第86回 初期の対中国投資はなぜ失敗したか
11月03日  第87回 初期の対中国投資はなぜ失敗したか その2 11月04日  第88回 初期の対中国投資はなぜ失敗したか その3
11月05日  第89回 初期の対中国投資はなぜ失敗したか その4 11月06日  第90回 「会社」社用族をしのぐ「社会主義」社用族
11月07日  第91回 「会社」社用族をしのぐ「社会主義」社用族(2) 11月08日  第92回 「会社」社用族をしのぐ「社会主義」社用族(3)
11月09日  第93回 「会社」社用族をしのぐ「社会主義」社用族(4) 11月10日  第94回 中国大陸で成功したかったら華僑と組め
11月11日  第95回 中国大陸で成功したかったら華僑と組め(2) 11月12日  第96回 中国大陸で成功したかったら華僑と組め(3)
11月13日  第97回 中国人と韓国人の区別もつかない日本人 11月14日  第98回 中国人と韓国人の区別もつかない日本人(2)
11月15日  第99回 中国人と韓国人の区別もつかない日本人(3) 11月16日  第100回 中国人と韓国人の区別もつかない日本人(4)
11月17日  第101回 「大中華経済圏」はもうそこまで来ている 11月18日  第102回 「大中華経済圏」はもうそこまで来ている(2)
11月19日  第103回 「大中華経済圏」はもうそこまで来ている(3) 11月20日  第104回 「大中華経済圏」はもうそこまで来ている(4)





■邱 永漢 (きゅう・えいかん)
1924年台湾・台南市生まれ。1945年東京大学経済学部卒業。小説『香港』にて第34回直木賞受賞。以来、作家・経済評論家、経営コンサルタントとして幅広く活動。最期まで年間120回飛行機に乗って、東京・台北・北京・上海・成都を飛び回る超多忙な日々を送った。著書は『食は広州に在り』『中国人の思想構造』(共に中央公論新社)をはじめ、約400冊にのぼる。(詳しくは、Qさんライブラリーへ




ホーム